PR
体験入学のごあんない
Search
New Entries
YSE offical site
YSE offical site LINE@
Recent Comment
  • 組込みシステムシンポジウム(ESS2012)ESSロボットチャレンジ飛行船競技デモ&プレゼンテーション優勝
    shimpachi mizuguchi (10/24)
  • 組込みシステムシンポジウム(ESS2012)ESSロボットチャレンジ飛行船競技デモ&プレゼンテーション優勝
    都築 (10/23)
  • アニメ・デザイン科:タウンニュース4月19日号に掲載されました!
    行ったけど (05/04)
  • アニメ・デザイン科:タウンニュース4月19日号に掲載されました!
    横浜システム工学院専門学校 (05/02)
  • アニメ・デザイン科:タウンニュース4月19日号に掲載されました!
    行ったけど (04/30)
  • アニメ・デザイン科:タウンニュース4月19日号に掲載されました!
    横浜システム工学院専門学校 (04/25)
  • アニメ・デザイン科:タウンニュース4月19日号に掲載されました!
    行ったけど (04/22)
  • 【マイコンロボット科 ロボコンブログ】ESS飛行船ロボットコンテストで準優勝しました
    仲久保 正人 (02/07)
  • 【マイコンロボット科 ロボコンブログ】ESS飛行船ロボットコンテストで準優勝しました
    都築年男 (12/27)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
新江ノ島水族館に探訪!

ホームページの制作で水族館をモデルにしようということになったので、

オープン以来「わくわくドキドキ大冒険水族館」をコンセプトに掲げ、

遊びを通しながら学ぶことができる「エデュケーション型水族館」として

日々多くの来館者に驚きや感動を届けていると言われている新江ノ島水族館に出かけ、

素材となる写真を撮ってきました。

 

 

学生たちは、さまざまなショーを楽しみながら、シャッターを押し続けていました。
どんなホームページのイメージを抱いて撮っているか、楽しみです。

 

水族館1番目を引く巨大な水槽、「相模湾大水槽」は、

浅瀬から海中の8000匹のマイワシの群泳といった相模湾の環境を再現している大水槽です。

魚の種類の多さや、初めて見るきれいな魚に見とれていました。

 

 

海の生物の生態などの詳しい説明を受け、学生たちは興味深く聞き入っていました。

 

 

次に、アシカショーを楽しみました。

アシカの握手や、鳴き声がとてもかわいらしかったです。

 

 

ペンギンもたくさんいて、ガラスを隔てた至近距離で見られるので、

歩く姿と泳ぐ姿を1度に見ることができ、とてもかわいらしかったです。

 

 

こちらは、ウミガメの水槽です。貴重なウミガメをここではたくさん見ることができました。
泳ぐ姿がとても優雅で、ゆったりした気分にさせられました。
 

 

つづいて、イルカショーの見学です。

平日にもかかわらず、多くの人でにぎわい、立ち見も出るほどの人気でした。

 

 

 

今日の撮った写真を使い、この感動がホームページでどのように表現できるか、

各グループの腕の見せどころを期待しているところです。

この校外授業を通して仲間との交流もでき、絆がより深まった1日でした。

posted by: ysewebmaster | 情報ビジネス科 | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【情報ビジネス科】スピーチコンテストで ダルマさんが入賞しました

「第28回 外国人留学生による日本語スピーチコンテスト」(主催:一般社団法人神奈川県専修学校各種学校協会横浜支部)が、1月25日(水)、神奈川県立青少年センターホール(横浜市西区)において開催されました。 本校からは、情報ビジネス科1年生2名の留学生が参加しました。

ワルニさん ダルマさん
ワルニさん ダルマさん

本年度は、9つの国または地域から外国人留学生18名(11校)が参加しました。

 

スリランカ出身のワルニさんは、日本で成長した自分をテーマに、日本に来ることになったのは運命だったのだ、そう思えるように努力した日々について熱く語ってくれました。

ネパール出身のダルマさんは、「相手を思いやる日本人」というテーマで、外国人留学生である彼から見た、日本人から感じた思いやりを2つのエピソードを交えて紹介し、自分なりの「おもてなし」の解釈について語りました。

 

審査の結果、ダルマさんが「神奈川新聞社長賞」を受賞しました。
ダルマさんは、「皆さん上手で圧倒されましたが、自分の実力を出し切ることができ、その結果すばらしい賞を頂けたことに満足しています。」ワルニさんは、「入賞はできなかったけれど、良い経験になりました。これからの生活や就職活動へ良い自信になると思います」と、2人とも充実感たっぷりに話してくれました。

 

コンテスト終了後の懇親会では他の出場者や審査員の方々との交流もでき、これからの成長に励みとなる有意義な時間を過ごすことができました。

 

また、スピーチコンテストの審査時間を利用して開催された、「第3回外国人留学生による日本語KARAOKE大会(決勝)」では、年々出場者のレベルが上がってきていると感じられ、大変盛り上がりました。来年こそは本校からもぜひ出場して、入賞を目指してもらいたいと思います。

 

スピーチ出場者

スピーチ・KARAOKEの出場者は、貴重な経験をすることでき、とても満足していました。

posted by: ysewebmaster | 情報ビジネス科 | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
浅草寺探訪

2016年11月16日(水)課外授業「浅草寺探訪」
日本は今、4年後の東京オリンピックを控え、大変な盛り上がりを見せています。東京では、外国人観光客が急増しており、その中でも特に日本の文化と関わりが深い「浅草」が大人気です。そんな、日本で代表的な観光地「浅草」をテーマに、なぜ人気なのか、ビジネス的観点から人気の素を探るべく「浅草寺」を探訪しました。そして、見学するだけではなく、実際に肌で感じた浅草寺を紹介できるように、浅草寺紹介ページを制作するための素材収集も行いました。グループ毎に「お勧め」ポイントを見つけ、他のグループの紹介ページとの差別化をはかれるよう一生懸命撮影していました。
 

 

東京でとても有名な浅草寺雷門(かみなりもん)前に集合。平日にもかかわらず、人でいっぱいでした。

 

 

仲見世はとても賑わっていて、歩くのも大変な状況です。
「雷おこし」「人形やき」「みたらし団子」など、浅草ならではのお土産がたくさんありました。
 

 

宝蔵門を抜けて、お水や舎で清めたあと、本堂にお参りに行きます。本堂では、何をお願いしたのかな。

 

 

 

 

 

お参り後、おみくじを引く学生もいました。運勢やいかに!?

 


みなさん、興味深々と浅草寺をまわっている様子でした。12か所まわれたかな?
「写真撮ったよ、全部まわった、お土産たくさん買いました」と、みんな楽しそうでした。


 

 

浅草には、まだまだ楽しめる場所がたくさんありますので、ぜひまた、行ってくださいね。

 

 

今日はお疲れさまでした。
このあとの浅草寺紹介ページ制作も頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: ysewebmaster | 情報ビジネス科 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
留学生日本語スピーチコンテストを開催しました

2016年10月31日、二俣川サンハートにて、

校内の留学生日本語スピーチコンテストを開催しました。
午前クラスから9名、午後クラスから7名、計16名の留学生が

それぞれのテーマについて熱いスピーチをしました。

 

午前クラスで優勝したスリランカ人のワルニさんのテーマは「はじめての日本の生活」。
日本に来たばかりの頃の気持ちや留学生活の中で経験した自分についてスピーチしました。
留学生なら誰でも経験している、初めて日本で生活してみたときのドキドキ感や、

不安の中で一生懸命過ごしてきた心情を語ってくれました。

聞いていた学生たちもそんな初々しい留学生活のスタートを思い出しながら、

共感し頷きながら聞いていました。
 

 

午後クラスで優勝したネパール人のダルマさんのテーマは「相手を思いやる日本人」。
留学生活の中で日本人の他人を思いやる態度に触れ、

感動したことを自身の体験談も交えながら話してくれました。

スピーチ終了後審査員からの「自分が他の人にしてあげた思いやりは何ですか?」の問いに、

「私は日本人でも外国人でも道で困っている人がいたらすぐに助けてあげます」と

自信ありげに応答をしていました。

普段から、思いやりにあふれるダルマさんらしさがよくあらわれていました。
 

 

応援しているクラスメートは発表者のスピーチを終始熱心に聞いていました。

 

 

惜しくも入賞できなかった発表者も、留学生活で経験した想いが伝わる、説得力のあるスピーチでした。その中でも優秀賞を受賞した二人は、日本語も聞きやすく、表情表現も豊かで、そして何より内容が心に強く響くメッセージ力のあるスピーチでした。

会場の学生からも納得の温かい拍手で盛り上がりました。

 

 

午前の部の出場者

 

 

午後の部の出場者

 

普段、ITビジネスの勉強や就職活動に追われ日本語の勉強がおろそかになってしまう学生もいますが、そんな中、スピーチコンテストでは自分と同じ期間日本で生活するクラスメートが、自分の想いを能弁に熱く語りかけるのを見て、自身の日本語力習得姿勢を見直す良い機会になった学生も多かったようです。

留学生のスピーチは、日本人が日常当たり前に思っているようなことでも、違った視点で捉え、自国と比較しながらのスピーチなので、非常に説得力があります。

年々充実してくる留学生日本語スピーチコンテスト!次回も楽しみです。
 

 

 

 

 

 

posted by: ysewebmaster | 情報ビジネス科 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ショップサイト制作発表会(2年生)

2016年9月9日(金)、ショップサイト制作発表会
2年生がグループ制作した「アプリ企画」のプレゼンを1年生に向けて実施しました。
2年生のプレゼンは今回で2回目ということもあり、慣れた様子で落ちついて発表していました。
午前の部16作品、午後の部9作品の発表があり、とてもレベルアップした内容でした。
真剣に聞いていた1年生からは「便利だと思った。使ってみたい」「このアプリ面白かった」「よく考えられているなと思いました」という声が聞かれました。
次回も楽しみにしていてください。
 

 

【午前の様子】

 

 

 

 

【午後の様子】

 

 

 

posted by: ysewebmaster | 情報ビジネス科 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |